コロナのため、ライプツィヒ・バッハ音楽祭 2021は、オンラインで2021年6月11日から開催。「バッハ・メシア」コンサートを5日間にわたって有料配信します。ドイツまでわざわざ足を運ばずとも、トマス教会、ニコライ教会、ゲヴァントハウス、神戸樟蔭チャペルからの配信で一流の演奏を聴くことができるとはグッドニュースではないでしょうか。教会でのコンサートは往々にして2階のバルコニーの演奏者が全く見えない、或いは柱が邪魔をして見えないことがあるので、最高ランクの席(12,000円)で鑑賞したくなるものです。しかしオンラインの場合は最高ランク以上の席を1,800円で手に入れることができます。通し券(オンラインコンサート11回分)は13,000円です。演奏曲はクリスマスオラトリオ、マタイ受難曲、復活祭オラトリオ、そして教会暦に従ってカンタータ・サイクル。演奏者は
・トン・コープマン&アムステルダム バロックオーケストラ 
・シュヴァルツ(トマスカントル)&トマナコア ベルリン古楽アカデミー
・ルークス&コレギウム1704
・鈴木雅明&バッハ コレギウム ジャパン
・ドイル&イングリッシュ コンサート RIAS室内合唱団  
・カチュネ&ラウテンコンパニー ベルリン
・ラデマン&ゲッヒンガー カントリー