ロ短調ミサ曲 BWV 232の第17曲 「十字架につけられ」 をドイツのメタル・バンドが熱狂的に演奏。ライプツィヒ・バッハ音楽祭芸術監督のマウルさんがSelin Schonbeckさんの演奏に感動して、この曲をリクエストされたそうです。彼は歌手、ピアニスト、ギタリスト、ベーシスト、トロンボーン奏者、ウクレレ奏者、トランペット奏者、ドラマー、クラシック歌手、作曲家、作詞家、プロデューサーということで革新的なバッハです。