平均律クラヴィーア曲集(以下 WTC と記載) は1巻24曲、2巻24曲、どちらも調の配列は同じである。1番ハ長調から半音階的に上昇し、24番ロ短調で終わる。長調と短調を交互に配し、理論上考えられる24すべての調を網羅している。
CDや、コンサートでも、1番から24番まで長調短調交互、半音階上昇順に演奏するのが常識となっている。
しかし、バッハは果たしてこの配列と曲の性格に何らかの音楽的意味を持たせて作曲したのだろうか?

この問題を考える前提として押さえておかねばならないことがある。バッハの時代はミーントーン音律が一般的で、今日私たちがよく知っている12等分平均律の音律とは大きく違っていた。ミーントーンでは綺麗に響く調と極端な響きになる調があり、使用できる調は多くてせいぜいシャープフラット4個ぐらいまでである。バッハの全作品はほぼこの調の範囲に入る。24の調のうち、普通によく使用される調をシャープフラット3個までの長短調と限定すれば、14個の調になる。理論上考えられる24個の調の中で、残りの10個はシャープフラットの多い調=遠隔調である。遠隔調は当時ほとんど使用されないか、全く使用されない未知の調だった。

バッハと同時代に生きたマッテゾンの調性格論を開いて見ると、嬰ハ長調、嬰ハ短調、嬰ニ短調、嬰へ長調、変イ長調、嬰ト短調、変ロ短調は「記述なし」となっている。シャープフラットの少ない調、即ちミーントーンで演奏可能な調に対しては、事細かに調性格を記したマッテゾンであるが、当時よく知られてなかった遠隔調に対しては性格を書けなかったのであろう。もっともマッテゾンは後に、調性格を恣意的なものとして、自ら否定してしまうのであるが。

ミーントーンの時代にあって、バッハはWTCに24の調を網羅しようとした。ではどのようにして、当時よく知られてなかった調の曲を作ったのだろうか。バッハはまずシャープフラットの少ない調を完成させ、第2段階で遠隔調を完成させたようである。これはバッハに限らず当時の作曲家にとってごく自然な手順だったろう。
第2段階に取り掛かかったバッハは、あらかじめシャープフラットの少ない調で作曲し、それを半音上か下に移調するという方法をとったと考えられる。これも作曲家の方法としてはごく自然であろう。シャープフラットの多い嬰ハ長調や嬰へ長調の曲を作るのに、わざわざよく知られてない調で作曲する方が不自然というものである。

バッハ研究者として世界的に知られる富田庸氏の研究によると、嬰ハ長調はハ長調で作曲された後、バッハはそれを半音上げながら浄書したが、移調の間違いを修正した証拠が自筆譜に残っているという。富田氏は 「ロンドン自筆譜を記譜中に同時に移調を試みたと考えられる根拠が修正箇所に見られるもの」 として、WTC第2巻の中に7曲を指摘している。
(バッハ全集 第12巻 小学館 P.77)

バッハはシャープフラットの少ない調から先に作曲し、残った調は移調を試みて24すべての調を並べたらしい。ということは、バッハは移調によって曲の性格が変わるとは考えてなかったことになる。バッハはシャープフラットの多い調に新たな調性格を確立しようとしたのではなく、ただ単に24の調種を並べることが目的だったようである。もし24の調性格の確立が目的なら、調性格の変化をもたらす移調をしなかっただろう。ここでいう移調とは近代長短調における移調の意味であるが、移調についてはさらに深く考察したい。

WTC第1巻のタイトルページにバッハはこのように記している。「長3度ドレミ、短3度レミファに該当するすべての全音と半音によるプレリュードとフーガ」
長3度ドレミとはイオニア旋法、短3度レミファとはドリア旋法であり、この2つの旋法の全音と半音を音階開始音とするプレリュードとフーガという意味であろう。つまりイオニア旋法の12の音階開始音とドリア旋法の12の音階開始音を網羅した24のプレリュードとフーガの意味だと思われる。イオニア旋法はどの音階開始音でも性格は等しい。ドリア旋法も同様である。もし性格を変えたいなら ”移旋” しなければならない。、旋法の名前が変われば性格も変わるが、音階開始音が変わっても性格は変わらない。WTC はイオニア旋法とドリア旋法という2種類の旋法による24のプレリュードとフーガである。従って調性格は2種類しかない。イオニア旋法は長調、ドリア旋法は短調に相当するので WTC は長調と短調の2種類の性格があるのみだ。

WTC の成立過程を考慮した結果だろうか、バルトーク(1881-1945)は、WTC の配列を難易度順に並べ替えることを試みた。バルトーク版の WTC は第1巻1番がト長調(原典版は2巻15番)で始まる。2番はニ短調(原典版は1巻6番)、3番は変ロ長調(原典版は1巻21番)というふうに、半音階的上昇順も、長調短調交互の規則性もない。あくまで難易度順である。バルトークが最高難易度と判断した曲はロ長調(原典版は2巻23番)である。この曲が最後というには多少異論もあるかもしれないが、押しなべて難易度順に並んでいる。

WTCの24の調をすべて演奏可能にするには当時のミーントーン音律では無理だった。だからバッハはWTCをバッハ独自の調律法で演奏したと考えられる。バッハ独自の調律法はミーントーンに存在した調による響きの違いが、ほぼ消えた音律であろう。綺麗に響く調と極端な調が混在するミーントーンには調性格の違いがある。しかしバッハの調律は極端な調を無くすために、綺麗に響く調との譲り合いが必要であり、その結果としてどの調も似たものにならざるを得ない。ミーントーンにおける調の違いは人の感覚によりまちまちで恣意的であるとはいっても、調の違いは確かにある。しかし、24の調すべてが使用に耐えるバッハ独自の音律は、調による違いが理論的に微細なものになる。バッハをこのことを熟知しており、だからこそ調性格を確立するのは不可能と考えたのであろう。

WTCの1巻と2巻の同一調を比較すると同一性格を有してない場合が多い。例えばニ短調のプレリュードを1巻と2巻で比較すると、1巻の方は瞑想的、内省的で夢見るような性格であるのに対し、2巻は生き生きと波立つ力動感に満ちている性格である。バッハはニ短調に性格の違う曲を配している。もし、バッハがWTCにおいて調性格を確立したというならば、どちらのニ短調も同一性格の曲でなければならない。

以上がWTCの固定観念にとらわれない柔軟な解釈である。