ケレタート著「音律について」

#ホ短調を明るい調として捉えているもの
シューバルト・・・純真無垢、無邪気な愛の告白

#ホ短調を暗い調として捉えているもの
マッテゾン・・・・重く垂れ込めた滅入るような気分
シューバルト・・・ぼやきの無い嘆き、
シリング・・・・・助けることができないと言う力不足にたいする悩み、絶望
ロッホリッツ・・・軽く嘆くように、冷たい、無気力、
シュテファニー・・秋のように色あせて生気がない、疲れて無気力なものを表す
リューティー・・・(モーツァルトに関して)陰気で悲劇的な要素、憂鬱

ホ短調の性格に関しては概して暗いものが多いようです。
ただし、これらはバッハの時代に一般的であった中全音律などの不等分音律で演奏した場合に感じられる調性格です。

現在私たちが演奏している12等分平均律で演奏すると、すべての調が同じ音階構造を持つのであらゆる調が同じ性格=調性格が存在しません。

イ短調に移調した「バッハ平均律クラヴィーア曲集」
イコール式


今度は「バッハ平均律クラヴィーア曲集」の中のホ短調を見てみましょう。
http://ml.naxos.jp/default.asp

第1巻ホ短調は物悲しいアリオーソ風の装飾的な旋律からプレストの嵐に進んで気分をがらりと変えるプレリュード。続く2声フーガは転調主題が休み無く動き続ける多少荒々しい感じのものです。

第2巻ホ短調は甘い感傷を漂わせたイタリア風のクーラントに続いて熱烈で多彩、エネルギッシュな純器楽曲風のフーガです。

「バッハ平均律クラヴィーア曲集」の中のホ短調は調性格論者が言う暗く憂鬱なものが1巻のプレリュードに見られる程度です。ここではホ短調に一定の調性格が感じられません。
バッハは「すべての長3度を純正より広く取って」12等分平均律に限りなく近い音律を自ら作って演奏しました。そこにはもはや調性格と言うほどの差異は残っていなかったものと想像できます。