WTC(平均律クラヴィーア曲集)がバッハの作品において特殊な作品であるという理由は、24すべての調が組み込まれているからである。バッハの作品の大半はシャープ・フラット3個までに限られるが、WTC にはシャープ・フラット7個までの調が入っており、各調が同等の重要さを持っている。シャープ・フラットの多い調
の中には WTC で初めて出現した調もある。WTCは理論上考えられるすべての24の調を網羅した特殊な作品である。

バッハの生きた時代はミーントン調律が一般的であり、シャープ・フラット2、3個までが綺麗に響く調であった。シャープ・フラットがそれ以上増えると不純な響きになり、使いものにならない調も出てくる。だから、バッハの作品の多くはシャープ・フラット2.3個までなのである。

しかしWTCは シャープ・フラット7個までの調が組み込まれた特殊な作品である。これらをすべて難なく弾くにはミーントーンでは無理である。何らかの便利な調律法が必要になり、バッハは独自の調律法を作り上げた。その調律法は必然的に12等分平均律に近いものになるだろう。ミーントーンのように純正に近い調と不純な調が混在する調律ではWTCのすべての調を演奏できない。すべての調の演奏を可能にする調律は、純正に近い調も不純な調も押しなべて均等に近い調律にならざるを得ない。そうしないと、純正の調と不純な調ができてしまうからである。WTCを演奏するには12等分平均律か、それに非常に近い不等分音律が必要であることを前提として以下の論を進めたい。

24すべて調とは1オクターヴ12鍵盤の各音を主音とする12の長調と12の短調、合わせて24の調である。現代的感覚でいうとこうなるがバッハの時代は少し違っていた。バッハは近代長短調を確立したといわれるように、丁度、教会旋法と近代長短調の分水嶺に位置する。

バッハの時代にはイオニア、ドリア、フリギア、リディア、ミクソリディア、エオリア、6つの教会旋法が生きていた。当たり前だが6つの旋法は音階構造がそれぞれ違う。6つの旋法の中で今日の長調の音階構造に相当するのはイオニア旋法、今日の短調に相当するのはエオリア旋法である。それ以外の旋法は長調でも短調でもない。つまり教会旋法には6つ旋法、近代長短調には2つの旋法がある。近代長短調には2つの旋法、すなわち長調と短調のみが存在する。

旋法が変われば音階構造が変わる。音階構造が変われば調性格が変わる。どの旋法も任意の音から音階を開始することができ、音階をどの音から開始しても性格は不変である。例えばイオニア旋法の音階はどの音から開始しても性格は不変である。イオニア旋法は今日の長調であるから、長調は音階をどの音から開始しても性格は不変である。「ニ」音から長音階を開始すればニ長調、「ホ」音から開始すればホ長調だが調性格は不変である。なぜならイオニア旋法は「ニ」音から音階を開始しても「ホ」音から音階を開始しても不変だからである。

例えば、あるニ長調の曲があり、その曲の性格が「陽気、勝利」 であるとする。その曲をホ長調に移調しても 「陽気、勝利」 の性格は不変である。曲の性格は曲そのものに由来するのであって、調に由来するのではない。音階構造=旋法が変わらない限り、性格は不変である。音階開始音=調を変えても性格は不変である。ただ音高のみが変化する。音高が変化しても音階構造は変わらないので調性格は不変である。

カラオケで歌う時にキーを上げ下げすることは、調を変え移調することになるが、どのようにキーを上げ下げしても曲の性格は不変である。歌い手の声域にキーを合わせたまでである。「365歩のマーチ」をいかなるキーで歌おうと力強く元気な曲であることに変わりはない。

バッハも改作や転用の際にキーを変え移調をした。例えば誕生祝賀用カンタータBWV 213 をクリスマスオラトリオ BWV 248 に転用する際にいくつかの移調を試みた。例を挙げれば BWV 231 の第3曲のアリアをクリスマスオラトリオ の第19曲のアリアに転用する際にソプラノからアルトに変更し、それに伴い変ロ長調からト長調に移調した。古楽においては標準音より約半音低く演奏するため、絶対音感保持者の耳には変ロ長調はイ長調にト長調は嬰へ長調に聞こえるのかもしれない。何調であろうと長調である限り音階構造に変化をもたらさないので、性格は不変である。シューベルトの『冬の旅』の楽譜がソプラノ用、アルト用などそれぞれ異なる調で出版されているのと同じである。バッハは BWV 214,215,からも移調を試みて、クリスマスオラトリオに転用している。

バッハの手になる移調転用は他にもみられるが、WTCの中にもいくつか存在する。
バッハは、WTCを編集する際に移調をこころみて24の調を組み込んだが研究の結果わかってきた。例えば嬰ハ長調はハ長調から、変ロ短調はイ短調から移調を試みてWTCに組み込まれということである。バッハは移調をしながら浄書したので音を書き違えることもあった。ペン書きの間違えたところを削って修正した痕が自筆譜に残されており、その修正痕から元の調が判明するようである。バッハによる移調の痕跡は、総じて遠隔調に多く見られる。それはシャープ・フラットの少ない調で作曲したものを、遠隔調に移調したからだと思われる。

バッハが移調する前の調で演奏する方がシャ−プ・フラットが少なくて楽であり、作曲家の方法に近いとも言える。アルブレヒツベルガー(Albrechtsberger 1736~1809)は 《ウィーンの移調譜》 という遠隔調を半音移調して弾きやすい調にした楽譜を作成した。彼は終生ウィーンのシュテファン大聖堂の楽長の地位にあったオルガニストで、ベートヴェンなどの師として、ウィーンの音楽界に大きな影響力を持っていた。

バッハがWTCを編纂した最大の目的は理論上考えられる24すべての調を網羅することだった。その目的は移調して組み込んだ曲も存在するとはいえ、取りあえず24の調がそろった。目的は達成した。24の調をすべてそろえた、同時に24の調性格を確立したと言えるだろうか。当時ほとんど使用されなかった遠隔調はマッテゾンも「良く知られていない調」として著書に調性格の記述をすることができなかった。WTCには当時の「よく知られてない調」である遠隔が多数入っている。それらの遠隔調に対してバッハが新たな調性格を見出したと言えるのだろうか。新たな感情を発見したと言えるだろうか。バッハは自ら移調を試みて組み込んだくらいであるから、移調によって曲が変化してしまうとは考えてなかっただろうし、遠隔調の調性格も発見してなかったのではないだろうか。

さらに言えば、当時の「良く知られている調」 つまり シャープ・フラットの少ない調に関しても、バッハは調性格を確立したと言えるのだろうか。WTCには、同じ調なのに性格の違う曲が多く見受けられるのはなぜだろうか。例えばシャープ2個のロ短調は1巻と2巻で性格が大きく違う。まずプレリュードについて、1巻のロ短調は静かな宗教性をたたえたトリオソナタ、2巻のロ短調は気楽な2声インヴェンションである。フーガについても1巻のロ短調は半音階的手法で厳粛かつ深い宗教性をもつが、2巻のロ短調は跳躍する闊達な舞曲である。 WTC において バッハがロ短調のどのように考えていたのか見当がつかないのである。

バッハはWTC第1巻のタイトルページに「全調」を表す意味で以下のように記した。・・・・・長3度 Ut Re Mi に関して、あるいは短3度 Re Mi Fa に該当するすべての全音と半音によるプレリュードとフーガ・・・・・・
現代感覚からするとこの表現には少し違和感を覚える。一つは「ド」の音をUtと表現していることである。これはグィードの音階図にある「Ut」である。「Ut」は発音し難いことから「ド」に変わって来た。もう一つは、長3度ドレミに対して、短3度ラシドと書いてないことである。これもグィードの音階図の通りで「シ」のない6音音階ヘクサコードだからである。バッハが敢えてグィード式の表現を用いたのは永遠の調和をWTCに託したかったのではないか。バッハはブットシュテット(Buttstett 1666~1727) に共感し、永遠のハーモニーを表現したかったのではないか。ブットシュテットは北ドイツオルガン学派最後の人であった。マッテゾンが古典様式の到来を見据えた進歩主義者であったのに対し、ブットシュテットは過去の音楽の伝統を守ろうとした。バッハは当然、ブットシュテットの 《Ut mi sol re fa la tota musica et harmonia aeterna すべてのドミソレファラ永遠の調和の音楽》 を知っていただろう。バッハは多種多様な先進原理を取り入れながらも過去の伝統、永遠のハーモニーを守ろうとした。それがWTC のタイトルページに表現されているように思える。