Bach Network UK Dialogue Meeting 10-15 July 2017  Madingley Hall Cambrige

バッハ ネットワーク 英国 対話会議  2017年7月10日〜15日 ケンブリッジ大学のマディングレイ ホール

上記のバッハ研究会において、私は ’イコール式バッハ平均律クラヴィーア曲集’ と題し、12番目に 発表しました。イコール式は equal method 、やわらかなバッハは  soft bach と訳して発表。soft bach は 思考が柔軟、フレキシブル、固定概念に捉われないという意味であると紹介しました。 

発表者一覧

1. Barbara M. Reul,  レジャイナ大学(カナダ)
         ‘Fasch, funeral music and Anhalt-Zerbst’
  
 
2.Szymon Paczkowski,ワルシャワ大学(ポーランド)
      ‘Musical patronage of Saxon prime ministers in Bach’s time’
  

3.Stephen Rose,  ロンドン大学(イギリス)
       ‘Musical authorship from Schutz to Bach’
  
 
4. Peter Smaill, エディンバラ大学 (英国)
   ‘Lampe’s Kirchenmusik, Lutheran chapel of the Savoy, 1746’
 

5.Joyce Irwin,  ロシェ・ダイアグノスティックス代表(アメリカ)
       ‘The joy theme in Bach’


6.Daniel Martyn Lewis, ロイヤルウェールズ大学(イギリス)
        ‘Rethinking The Well-Tempered Clavier’) 


7. Ruth Tatlow, イーストマン音楽院 (アメリカ)
       ‘Transmission of proportional parallelism 1735–1850’


8. Ellen Exner, ニューイングランド音楽院(アメリカ)
       ‘Burney's complaint and Mendelssohn’s Great Passion: Bach in Berlin before 1829’
 

9.Alan Shepherd, コンピューター技術(ドイツ)
       ‘Computer analysis showing ambiguity of number alphabets’


10.Bettina Varwig, ケンブリッジ大学(イギリス)
       ‘An early modern musical physiology’


11.Graham Lieschke, メルボルン大学(オーストラリア) 
       ‘Bach cantata reception in Melbourne’


12.Kinuyo Hashimoto, イコール式音楽研究所(日本) 
       ‘Equal method of The Well-Tempered Clavier’


13.Dan Tidhar,  ケンブリッジ大学(イギリス)
       ‘Stylometry, attribution and chronology


14.Hisako Kawana, 教会オルガニスト(日本)
       ‘Trial of Exploring Bach’s Theology through the Orgelchorale’


15.Maria Borghesi, カールマリア音楽院(ドイツ)
       ‘Twentieth century Bach reception in Italy’


16.Andrew Frampton, メルボルン大学(オーストラリア)
       ‘The manuscript sources of J. F. Agricola’.


17.Chiara Bertoglio,  コンサートピアニスト(イタリア)
      ’Interpreting musical holy texts: Bach and biblical reception.'


若い研究者たちの発表

1.TOM WILKINSON 教会オルガニスト(イギリス)
      ’To what extent is J. S. Bach a compositional theorist?’


2.Kayo Murata 東京芸大大学院博士課程
      Redefining the ‘permutation fugues’ of J. S. Bach


3.OWEN BELCHER イーストマン音楽院
      Analytical studies of selected cantatas by J. S. Bach


4.Tomas Cressy オックスフォード大学
Bach and samurai aesthetic framwork