バッハ・イン・ザ・サブウェイとは、NYのチェリストから始まった世界的ムーブメントで、J.S.バッハの誕生日3月21日に、プロアマ問わず街中でライブを繰り広げ、多くの方にバッハの音楽をお届けする運動です。

この運動は2010年3月21日、すなわち5年前のJ. S. バッハの誕生日、 チェロ奏者デール・ヘンダーソンが、ニューヨークの地下鉄ホームでひとりバッハの 《 無伴奏チェロ組曲 》 を弾き始めたことから起こりました。

地下鉄が走る喧騒の中にあってさえも、その音は道行く人の心を自然ととらえ、多くの人が足を止め、ほぼ初めて身近で聴く生のチェロの音色に感動を覚えたのです。地下鉄で偶然デール・ヘンダーソンが奏でるチェロの音色を聴いた多くの人は、300年前のバッハの音楽がときに鮮烈でときに温かく響き、たった一台のチェロからまるでオーケストラのように音が流れ重なっていくことに驚きました。

居合わせた人々は彼にチップを払おうとしますが、彼はそれを受け取らず、 かわりにポストカードを配りました。 そこにはこう書いてありました。

「偉大なる”音楽の父”ヨハン・ゼバスティアン・バッハの誕生日を祝って、今日は一日中バッハの音楽を奏でます。
音楽に対する愛と敬意を街ゆく人々と分かち合い、クラシック音楽を育む次世代につないでいくために」



たった一人のチェロ奏者から始まったこの運動は2015年の誕生日には世界50都市以上に広がりました。
来年は更に増えることでしょう。