《ト長調のメヌエット》はピアノを習えば必ず一度は弾く親しみやすい小品である。「メヌエット」といえばバッハのト長調のあの有名なメロディーがまず思いうかぶ。

しかしこのメヌエットについては、バッハの真作ではなく、ペッツォルトの作品だということが判明した。
だが未だにバッハの作品としている出版譜が多い。また、ピアノの発表会等や you tube の演奏動画においても「バッハのメヌエット」となっていることが多く、バッハの作品のように誤解されたままだ。

Wikipediaで「メヌエット」を検索すると、その中に問題のメヌエットに言及しているところがある。次のように書かれている。
「バッハのメヌエットとして有名な曲だが、近年、ペツォールトによる作品と判明した」と。

真の作曲者であるペッツォルト(Petzold Christian 1677〜1733)はドイツの作曲家、オルガニストで、ドレスデンの聖ゾフィー教会に務めていた。バッハはペッツォルトが務める教会で1725年に演奏を行っている。
このドレスデン旅行から問題のメヌエットを持ち帰った可能性がたかい。

この研究は近年、シュルツェ(Schulze Hansjoachim 1934〜)によってもたらされた。シュルツェは『バッハ年鑑』や 『バッハ便覧』の編集者であり、バッハ研究の中心的存在である。シュルツェが問題のメヌエットの真の作曲者を特定した。

ではなぜ今日までバッハの作品であると誤解されてきたのか。
それを解くには《ト長調のメヌエット》が入っている《アンナ・マグダレーナの音楽帳》を調べねばならない。

バッハは再婚婚後間もなく、愛する妻、アンナ・マグダレーナに1冊の音楽帳をプレゼントする。
当時はまだ楽譜の印刷が一般的ではなかったので、バッハの手書きの音楽帳である。
音楽帳の表紙は草色の羊皮紙で覆われ、金文字で妻の頭文字が入っている。帯紐の断片から赤いリボンで結わえられていたようである。現在はベルリンの国立図書館が蔵している。

バッハは育ち盛りの子供たちを養育し、家事全般を受け持ち、その上に写譜の仕事まで手伝ってくれる新妻へ感謝のしるしに音楽帳を捧げたのである。
音楽帳といえば、他には、バッハが長男ウィルヘルム・フリーデマンに与えた音楽帳や、モーッアルトの父レオポルト・モーッアルトが子供たちに与えた音楽帳もある。

アンナマグダレーナは音楽帳を宝物のように大切にしながら、だんだんと自分自身の記入で満たしていった。
夫が妻に、また子供たちが母に音楽の贈り物を書き込み、贈られたアンナ・マグダレーナが自分の大好きな曲をそれに書き加えた。いわば音楽詩文集として愛蔵した、記念帳であり、日記帳であった。
彼女の楽譜集の生成過程は15年以上の期間にわたると推測される。

《アンナ・マグダレーナの音楽帳》は1722年と1725年の2冊存在する。
1722年版はおもににフランス組曲の初期稿とコラール編曲などである。バッハは妻にプレゼントした時点以降も書き込みを続けた、ついには彼の音楽帳のようになってしまった。それで2冊目の音楽帳をプレゼントせざるを得なくなったようである。

2冊目は1725年の音楽帳である。これにはまず最初にバッハ自身の手で《パルティータ》が書かれている。それ以降の部分はほとんどアンナ・マグダレーナや息子たちが写譜したものである。
複数の有名なメヌエットや教育用の作品は1725年版に含まれているが、実際にはほとんどのメヌエットやその他の小品がバッハの作品ではない。

ベーレンライター原典版では、バッハの真作はBMW で表し、それ以外はBWV anh という表示になっている。
BWVはバッハ作品目録、anhは付録、補遺の意。問題の《ト長調のメヌエット》はBWV anh 114 である。つまりバッハの真作とは言えない付録補遺である。

よく出回っている実用版の《アンナ・マグダレーナの音楽帳》には BWV anh 番号の付いてないものが多い。
実用版において、作曲者がはっきりしているものは J.S.バッハを始め、C.P.E.バッハ、クープラン、ベームなどと明記されているが、何も書かれてない曲も多数ある。
何も書かれてないということは、BWV anh である。
しかしz実用版の楽譜の表紙にはBWV anh 番号はんく、表紙には「バッハ」と大書されており、J.Sバッハの曲だと誤解される。

また中には紛らわしい前書きもある。例えば「これらほとんどの曲は彼自身の作品であるが、1725年のものには彼自身の作品のほかに、息子のC.P.E.バッハや、フランスの作曲家クープランの作品、それにオルガニストであったベームの作品なども加えられている」といったものである。これでは上記の3人以外は、すべてバッハの真作だと言っているようなものである。実際にはほとんどの小品がバッハの真作だという証拠がないのだ。

このような実用版の楽譜の普及によって、いつのまにかバッハ作曲の《ト長調のメヌエット》と誤解されるに至ったようである。