いわゆるクラシックと呼ばれる音楽はキリスト教から発生した西洋音楽であるが、日本はこれを2度輸入した。

1度目の輸入は1549年のキリスト教伝来である。宣教師のザビエルたちが日本で初めてミサを捧げ、西洋音楽を響かせた。1582年には天正少年使節の一行が日本を離れてヨーロッパを目指した。少年たちはすっとラテン語と西洋音楽を学んでいたし、ヨーロッパに向かう途中も学習を怠らなかった。ポルトガルに着くと、少年たちは大聖堂のミサに参加した。伊藤マンショと千々石ミゲルは、初めて見た3段式の鍵盤があるオルガンを多くの人の前で臆することなく弾いた。上手に弾いたので大司教も人々も満足した。
マショー、デュファイ、ジョスカン・デプレ、カベソン、アルカーデルト、バード、ラッソ、パレストリーナ、スウェーリンク、ダウランド、モンテヴェルディ、プレトーリウス、フレスコバルディ、ギボンズ、シュッツ、シャイトなどの曲は、単純に時代から考えて日本人が知りえただろう。1591年には豊臣秀吉の前でジョスカン・デ・プレの曲が演奏されたという記録がある。器用な日本人が一生懸命に西洋音楽をマスターしようとしていたとき、残念なことに江戸幕府は1639年に鎖国してしまう。鎖国だけではなく、禁教令によって西洋音楽は完全に消えてしまう。バッハは1685年生まれ、鎖国から46年後にドイツに生まれた作曲家である。その後のモーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、なども日本が鎖国をしている間に生まれ、死んでいった作曲家たちである。

2度目の輸入は明治維新である。
その間の約300年は空白の期間である。1度目に受容した西洋音楽は,隠れキリシタンが密かにオラショを歌っていたものの、いわゆるクラシックといわれる西洋音楽は壊滅状態だった。時代は能や歌舞伎の音楽の全盛期だった。そこへいきなりクラシックが入ってきたのであるから、右も左も分からない状態でやみくもに受容せざるを得なかった。

明治も中頃になって、伊藤博文はアジアで始めての憲法を作るべく、視察のためにドイツに行った。その時、晩年のリストのピアノ演奏を生で聴いた。伊藤は感激してリストを日本に招こうとしたが実現しなかったと言う。ちなみに伊藤は1841年生まれでドヴォルジャークと丁度同い年であり、勿論リストより若い。

鎖国の300年間に、西洋で活躍した音楽家、すなわち ヴィヴァルディー、テーレマン、ラモー、バッハ、ヘンデル、スカルラッティ、グルック、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ウェーバー、ロッシーニ、シューベルト、ベルリオーズ、ショパン、シューマンなど、いわゆるクラシックといわれる作曲家たちは、伊藤が渡欧したときには既にこの世になかった。
晩年のリスト、ヴェルディ、フランク、ヴァーグナー、ブラームスなどがまだ生きていたが、時代は次に移ろうとしていたときに、伊藤博文は渡欧したのである。

伊藤の憲法視察と相前後して明治政府は西洋音楽の受容に取り組む。
信濃国の下級武士の子である、伊沢修二を音楽取調掛(のちの東京芸大)に任命して、文字どおり音楽を取り調べるという取り組み方である。
伊沢は大学南校(のちの東大)に学んだ秀才であった。文部省に入り、愛知師範学校長になった。当時は未だ誰も西洋音楽を知らなかったので、誰を選んでも良かったのかもしらぬが、伊沢は邦楽の素養があったとも聞かない。伊沢は師範学校の教育調査のためにアメリカに渡り、ついでにメーソンから唱歌の指導を受けた。その縁で、帰国後、伊沢は、メーソンを日本に招く。伊沢は「小学校唱歌」の編纂をするためにメーソンを招いたのである。2回目の西洋音楽の輸入先はアメリカであった。メーソンはついでに小学校の教師養成のためのピアノ入門書をもってきた。有名なバイエルである。日本人はバイエルを世界的なピアノ入門書と信じて受容したが、本場ヨーロッパではマイナーというよりも誰も知らない教則本である。メーソンはヨーロッパの伝統的な音楽家ではなく、アメリカの、しかも初等音楽の教育者であるから多くは望むべくもない。日本における2度目の西洋音楽の輸入が、メーソンでなく、ヨーロッパの本格的な音楽家であったら、日本の音楽事情は多少変わっていたかもしれないと思う。

バッハの《平均律クラヴィーア曲集》という題名も西洋音楽受容の混乱がもたらした産物である。これは明らかな誤訳である。バッハはこの曲集の題名としてドイツ語で「Das Wohltemperierte clavier」と書いた。直訳すると「上手く調律されたクラヴィーア曲集」となるはずだ。clavier(クラヴィーア)とは鍵盤楽器全般を意味する言葉であってここでは問わない、重要なのは「Wohletemperierte」という語である。これはWohle と temperierte の合成語で、temperierte は調律、音律という意味である。 Wohle をどう訳すかが問題である。ドイツ語で Wohleは「良い、上手い」といった意味になる。決して「平均律」ではない。
バッハはヴェルクマイスター(Andreas Werckmeister 1645〜 1706) が
書いた Wohle temperiert stimmen (適度に調整して調律する) という表現にならって Wohle temperierte と書いたのだろう。
もしバッハが「平均律」ということを意味したいなら 「greich schuweven(等しく唸る)」としたはずだ。

《平均律クラヴィーア曲集》は鍵盤作品の金字塔である。世界中で出版されているが、英語では well (良い)、仏語では bien(良い)と翻訳されている。
日本語だけが勝手に「良い」を「平均律」と誤訳した。それには鎖国の影響で、平均律時代になってからの鍵盤楽器しか知らないという事情があった。バッハの時代やそれ以前も以後も、ヨーロッパではミーントーンやキルンベルガー音律の鍵盤楽器が主流であったことを知らなかった。またそういった音律に関する深い問題があることも知らなかった。明治になって日本に鍵盤楽器が入ってきたとき、世界の鍵盤楽器は既に平均律に移行していた。だから短絡的に「平均律」だと思い込んだのだろう。この思い込みが現在も尾を引いており、未だに《平均律クラヴィーア曲集》と呼んでいる。今ではこれが誤訳であることを知る人も多くなってきたが、慣れ親しんだ誤訳を他の言葉に置き換えることにい抵抗があるのかもしれない。とにもかくにも《平均律クラヴィーア曲集》というのは理解しがたく、奇異な題名である。