最初に小林義武氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
『バッハ復活』 『バッハ 伝承の謎を追う』『バッハとの対話 バッハ研究の最前線 』などのご著書から多くを学ばせていただきましたことに深甚なる感謝の意を申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旧バッハ全集の中で《平均律クラヴィーア曲集》の校訂を担当しているのは、クロル(Franz Kroll 1820〜77)である。 旧バッハ全集とは1850年から50年の歳月を費やして出版されたもので、新バッハ全集より100年ほど古い。新バッハ全集の方は小林義武氏など世界の著名なバッハ研究者たちによって、2007年に最終巻が刊行されたばかりである。
BlogPaint

クロル版は新バッハ全集に先立つこと100年も前に出版されたので、まだ多くの資料を利用できず、コピイスト(筆写者)を誤認するなどのミスを犯しているものの、それでも当時のバッハ研究の集大成として未だに参考になる校訂版である。それはクロル版をもとにしてブゾーニ、トーヴィなどが、それぞれ価値の高い校訂版を出版していることからも分かる。
DSCN2513
クロル版には注目すべき移調がプレリュードで2曲、フーガで3曲存在する。
上の楽譜はクロルが移調した第1巻8番のフーガである。
DSCN2515
上の楽譜は同フーガのバッハ原典版で嬰ニ短調である。
この天蓋のような美しいフーガをクロルは変ホ短調に移調した。嬰ニと変ホは異名同音とはいえ楽譜の印象は著しく異なる。バッハは♯6コ、クロルは♭6コの調である。バッハは♯系の最も高い調、クロルは♭系の最も沈んだ調である。
この二つの調が全く同じ鍵盤を弾くことになるということ自体が、シャープ系やフラット系という調性格を土台から覆すものであるが、それはさておき、今ここでは変ホ短調への移調の根拠について述べることにしよう。

クロル以外の多くの校訂者たちも変ホ短調に移調している。その根拠は何か?
なぜバッハの自筆清書譜と異なる調を選んでいるのか?
これについて、パウル=バドゥール=スコダは次のように述べている。
「トーヴィ、ケラー、ミュラー、パルマーといった研究者たちの見解は示唆に富んでいます。それはフーガは当初ニ短調で作曲されたが、後に嬰二短調に移調されたというのですが、確かに二短調を変ホ短調に移調するより嬰二短調にしたほうが記譜はずっと簡単です。プレリュードとフーガ双方を変ホ短調で印刷しているエディションも散見されますが、演奏者の立場からもまったく問題ない編集だといえるでしょう」

つまりスコダはバッハが最初は二短調で作曲し、それを嬰二短調に移調したのは、嬰二短調の方が移調し易いからだというのです。もしバッハが二短調から変ホ短調に移調していれば、プレリュードとの調の統一がとれたのに、変ホ短調への移調が困難であるが故に、バッハは嬰二短調で記譜したに過ぎないというわけです。
バッハの手抜き移調を補うがごときクロルの変ホ短調への移調を支持する校訂者は多く、現在も多くの版で踏襲されている。すなわち、ブゾーニ版、バルトーク版、カゼッラ版、園田高弘版などがクロル版と同じ変ホ短調で記譜している。

このフーガ一つとっても《平均律クラヴィーア曲集》は単に24の調を網羅する目的で編集されたことが明らかである。バッハは24の調や24の調性格を確立する意図はなかったと思われる。
だから原典版にある調にこだわり過ぎず、もっと自由に《平均律クラヴィーア曲集》に親しむことの方がよほど大切である。