400人の生徒を教えたピアノ教師が書いた単行本

『やわらかなバッハ』橋本絹代著 春秋社 2009年12月20日発売

第1章 バッハへのアプローチ・・・「等分か不等分か」
第2章 《WTC》の調性格と移調をめぐって・・・バッハの意図したこと
第3章 読譜の練習・・・昨今のピアノ教育事情
第4章 やわらかなバッハ・・・バッハ演奏、自由自在

ポリフォニーの演奏に困難を覚える生徒たちと長年向き合ってきた著者が綴った切実なメッセージがバッハ演奏に自由をもたらす1冊。

バッハのフーガを各自1声部づつのアンサンブルで弾くことを推奨します。

バッハが書いた《WTC=平均律クラヴィーア曲集》の調を変更することに抵抗を感じるあなたに、易しく抵抗を取り除きます。

WTC=平均律クラヴィーア曲集を弾けば、他の曲はすべて嘘のように簡単に弾けるようになります。

「あまねく世界に神は存在し、あまねく音楽にバッハは存在する」(シュニトケ)
だからこそ、一人でも多くの人にバッハのWTC=平均律クラヴィーア曲集に親しんで欲しい。