「平均律クラヴィーア曲集」第2巻3番の嬰ハ長調フーガは、ハ長調の初稿から移調して嬰ハ長調として編纂されました。
初稿のハ長調版は新バッハ全集を見るまでもなく、べーレンラーター版(全音)「平均律クラヴィーア曲集第2巻」P.352 で簡単に確認できます。

バッハの自筆譜には、「平均律クラヴィーア曲集」を編集する際に、バッハが移調を試みたと考えられる修正箇所が幾つかあります。富田庸やデュルの研究によると、移調を試みたと考えられる楽章は全体の約4分の1に及びます。

嬰ハ長調は、調記号にシャープが7つも付く遠隔調です。バッハの時代はミーントーン音律が主流でしたから、シャープとフラットが3つぐらいまでの調が主に使われていました。そのような時代に、バッハは嬰ハ長調という珍しい調に挑戦したのですが、そこで表現されている性格も新しいものだと言う事はできません。

バッハが嬰ハ長調を主調として使ったのは「平均律クラヴィーア曲集」の中のこの楽章だけです。バッハが作曲する時に、最初から嬰ハ長調で楽想を得たということは考えに難いことですし、事実バッハはハ長調で作曲した後、嬰ハ長調に移調しました。

バッハがハ長調から嬰ハ長調に移調しようとしたとき、もし、移調によって音体系や情緒が全く変わってしまうなら、移調をしなかったはずです。
このことから、バッハがハ長調と嬰ハ長調の調性格に違いがあるとは考えていなかったことが理解できます。

バッハは「平均律クラヴィーア曲集」に理論上考えられるすべての調を網羅する計画を立てたとき、24種類の調性格など存在しないことを熟知していました。

それだけではありません。バッハはそもそも音楽が、情緒といった人間の感情を表現するもので、その感情が特定の調性から引き起こされるとは考えていませんでした。

バッハにとっての音楽は人間の感情や思想を超越したものなのであり、宇宙の調和でした。
「平均律クラヴィーア曲集」の各楽章が、調性に応じた調性格を表現していると思い込むことは、24の調を踏破するというバッハの主たる目的を知らないと言わざるを得ません。

現在、ほとんどのピアニストやピアノ教師は「平均律クラヴィーア曲集」の各楽章に調性と結びついた調性格があると信じています。

しかも、彼らは等分平均律の鍵盤楽器で演奏する場合がほとんどです。等分平均律の鍵盤楽器には、調性格が全くありません。

不等分音律の鍵盤楽器で演奏する場合でも、バッハがハ長調から嬰ハ長調に移調することができるほど、それらの差は少ないのです。

長年の習慣、今まで信じてきたこと変えるのは、なかなか難しいものです。